六本木ブルーマンシアター

ビル/施設 カテゴリー 第 9 位 / 2,053 PV

六本木5丁目 閉店/閉館
閲覧数: 2,053  投稿日: 2011 1 30 日  更新日: 2020 12 8

六本木ブルーマンシアター とは?

「芋洗坂」と「六本木けやき坂通り」が交差する地点にあった劇場

公式サイトのキャプチャ画像

所在地

〒106-0032 港区六本木5-11-12

電話番号

03-5414-3255

最寄り駅まで

「東京メトロ/都営地下鉄 麻布十番駅 7番出口」から 徒歩 7 分
「東京メトロ/都営地下鉄 六本木駅 3番出口」から 徒歩 12 分

ブルーマン

ブルーマンとは?

「顔を真っ青に塗ったパフォーマー」のことです。
1987 年、最初の 3 人組となる 3人のメンバー(マット・ゴールドマン、フィル・スタントン、クリス・ウィンク)が、ニューヨークの路上でストリート・パフォーマンスを開始しました。

ブルーマン・グループとは?

「ブルーマン 3 人が繰り広げる劇場型のショー」のことです。

基本情報

世界で初めて「BLUE MAN GROUP」のために作られた専用シアター。
「BLUE MAN GROUP」のパフォーマンスを存分に楽しんでいただくことを目的に設計されています。
ステージから最後方の席までわずか25メートル。どの席からも同じような臨場感を味わえます。

建築面積

約1,750平方メートル

延床面積

約2,123平方メートル

座席数

901 席

コインロッカー

97 台

駐車場

年表

2007 年

ブルーマングループ東京公演の為に「株式会社インボイスエンターテインメント」を設立しました。

2007 年 7 月 11 日

「ブルーマンジャパン制作委員会」は、渋谷のライブハウス「O-EAST」で、「BLUE MAN GROUP IN TOKYO(ブルーマングループ IN 東京)」の東京公演制作発表会を開催しました。
※「ブルーマンジャパン制作委員会」は、朝日新聞社、アミューズ、インボイスエンターテインメント、エイベックス・ライブ・クリエイティヴ、エフエム東京、エンタテインメントプラス、オリコム、テレビ朝日、ぴあ、ローソンチケットで構成されています。

2007 年 12 月 1 日

「株式会社インボイスエンターテインメント」は、「BLUE MAN GROUP IN TOKYO」公演専用の「インボイス劇場」を竣工しました。
「ブルーマンジャパン制作委員会」は、竣工した「インボイス劇場」にて「BLUE MAN GROUP IN TOKYO」公演を開始しました。

2009 年 11 月 29 日

千秋楽。「BLUE MAN GROUP IN TOKYO」公演が、終了しました。※1回目

2010 年 2 月 1 日

代表である「新井勝久」は「株式会社インボイスエンターテインメント」へ対するMBO(マネジメント・バイアウト)を行い、独立。「ブルーマングループ株式会社」を設立しました。

2010 年 4 月 29 日

「ブルーマングループ株式会社」は、アミューズ、博報堂、博報堂MPと「ブルーマングループinTokyo LLP」を組成、「ブルーマングループ東京公演②」を開始しました。
※LLPとは、「Limited Liability Partnership(リミテッド・ライアビリティ・パートナーシップ)」の略で、「有限責任事業組合」という事業体のことです。 構成員全員が無限責任の民法組合の特例として、経済産業省により定義されました。

再演にあたり、劇場名を「インボイス劇場」から「六本木ブルーマンシアター」へ改称しました。

2010 年 9 月 30 日(木)

「ZELCOURT(ゼルコート)」閉鎖に伴い、「六本木ブルーマンシアター」の入場が、「六本木ヒルズ」方面から「鳥居坂」入口へ変更されました。

2012 年 3 月 31 日

千秋楽。「ブルーマングループ東京公演②」が、終了しました。
公演は 4 年に及び、通算 1,388 公演をもって幕を下ろしました。

2012 年 4 月

「ブルーマングループ東京公演②」終了に伴い、「ブルーマングループ株式会社」は、会社名を「トリックスターエンターテインメント株式会社」へ商号変更しました。
また、劇場名を「六本木ブルーマンシアター」から「六本木ブルーシアター」へ改称しました。

六本木ブルーマンシアターは2012年秋、ブルーシアターに生まれ変わります
管理運営 Trickster Entertainment トリックスターエンターテインメント株式会社 旧ブルーマン・グループ株式会社

2013 年 4 月

「トリックスターエンターテインメント株式会社」は、芸能プロダクション「アミューズ」と業務提携しました。
劇場名を「六本木ブルーシアター」から「アミューズ・ミュージカルシアター」へ改称して、再開場しました。

2014 年 4 月 6 日

劇場使用契約が満了しました。
わずか1年で閉館となりました。
「トリックスターエンターテインメント株式会社」は、劇場名を「アミューズ・ミュージカルシアター」から「六本木ブルーシアター」へ戻しました。

2015 年 1 月 1 日

劇場の「所有者」兼「管理者」である「トリックスターエンターテインメント株式会社」、Zeppライブ、パルコ、クリエイティブマンプロダクション、トムス・エンタテインメント、イープラス、ローソンHMVエンタテイメント、ぴあの 8 社で「Zeppブルーシアター六本木運営委員会」を組成しました。
劇場名を「六本木ブルーシアター」から「Zeppブルーシアター六本木」へ改称して、再開場しました。

2017 年 11 月 12 日

土地使用契約の終了に伴い、「Zeppブルーシアター六本木」を閉館しました。
劇場は、閉館後に解体されました。

地図

定点写真で振り返る。「六本木ブルーマンシアター」 の変遷

2010

2010年5月、「六本木ヒルズ」方面を背にして、「六本木ブルーマンシアター」入口を撮影しました
2010年5月1日13時35分。「六本木ヒルズ」方面を背にして、「六本木ブルーマンシアター」入口を撮影しました。
矢印キーで移動します

ラピロス六本木

泉ガーデンタワー